Inktober 2022 プロモーションが最大 50% オフ

レビュー:京のおと裏ハイロ

これは、最近市場に出回っている他の強力な顔料インクと比較して薄いように見えるかもしれないハイロケシムラサキの 2 つのインクの 1 つです。ちょっと待って!京の音の貴重な限定版インクに新たな目を向けさせてください。自分が書いていることについて大声で言いたくない日や、目立たない作家なら、これらのお気に入りを新鮮な目で見る絶好のチャンスです。

裏ハイロ 文字通り、葉の裏側を意味します。ビジュアルが必要な場合、これはユーカリの葉 (長い枝にあるほこりっぽい小さな緑色の円盤状の葉) が他のすべての花の花束からぶら下がっている色です。

最初はインクがどんなに淡く見えても、京都インクを使用すると、色がより有機的になり、時間の経過とともに進化してわずかに暗くなることが予想されます.

このインクは暑い日に最適です。氷のようにほこりっぽい緑は邪魔にならず、いつも私を冷やしてくれます。私の父は、まさにこの色のフォルクスワーゲン ビートルを 70 年代に所有していました。

薄いパレットにもかかわらず、最初から読みやすいと思います。 M以降の幅広のニブでは、より表現力豊かになります。 F ニブもインクをよく表していますが、乾燥すると色相が暗くなり、変化が少なくなる傾向があります。

これは2018年の限定版で、他のブランドから同様の色の代替品は見つかりませんでした.


色が私に思い出させるもの:
– 生のユーカリの葉
– レトロな 70 年代のバスルームの備品
– 私の父の古いフォルクスワーゲンのビートル

私が使用したもの:
Kaweco Sport、太いペン先
紙:無印良品のはがき、ベストフォームのはがき


評価

(1 ~ 5 のスケール)

乾燥時間★★★★★ (1=遅い、5=速い)
流れ★★★☆☆ (1=ドライ、5=ウェット)
シェーディング★★★☆ (1=低、5=高)

このレビューをくれた@missmuffat感謝します。

Categories

Latest Posts

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。